12月 6

中古トラックの査定基準は?

必要なくなった中古トラックを買取に出すと決めたのであれば、少しでも高く買い取ってくれる事に超した事はありません。
そこで、査定の際に気になる事としてはどのような基準で査定を行うのかという査定基準ではないでしょうか。

自動車を買取に出す時には基本的に車種が新しく綺麗、そして走行距離が少ないという事が一般的に査定に大きく影響します。
これらに関しては普通自動車もトラックも大差はありません。

しかし、トラックを買取に出すときの査定基準は、普通自動車と異なった点がいくつかあります。
トラックは基本的に運搬業務で使われるのが一般的ですが、無事故で無修理であるという条件は大きいです。

事故を起こしてしまっている事はもちろん、修理をしているという事は車体に傷がついていたり、痛んでいたりする事があるほか、精密機械の部分にまで悪影響を与えている可能性が考えられます。
やはりトラックとはいえ、新しく綺麗な状態であった方が査定額は高くなると考えて良いです。

また、買取に出すトラックがワンオーナーである方が高く買い取ってくれる可能性は高いです。
トラックは通常、新車だと1000万円以上するケースが多いため、企業の中にはそれほどのトラックを仕入れる事が出来ない事も多いです。

そのため、中古車でトラックを揃えようとする企業が多いのですが、単なる中古車ではなく、中古車のまた中古車を使っているという事もみられます。
多くの方を経由したトラックは損傷や痛みが激しく、査定に悪影響を及ぼします。

12月 6

中古トラックの買取相場は?

もう必要なくなったトラックを買取に出してしまおうと考えた時、真っ先に気になる事は買取相場ではないでしょうか。
それもそのはず、誰しもせっかくトラックを買取に出してしまうのであれば、少しでも高い金額で買い取ってくれた方が良いと考えます。

そこでトラックの買取相場ですが、実は厳密にこれと定まった相場が決まっていません。
トラック一つにしても平ボディやダンプ、クレーンなどにしても、それぞれのトラックで形状など全てが異なってしまう事がほとんどです。

そして、普通自動車と比較すると事業用のトラックは市場に出回っている台数が少ないため、データの量もそれ相応に少なくなっています。
買取したトラックの買い手はつきづらいという事に加えて、パーツの種類、時期などによっても大きく査定額が変動してしまう事で、これといって定められた相場が無いのです。

少しでも適正な査定で、高く買い取ってもらいたいという場合には中古トラックを専門とする業者に査定をお願いするのが良いでしょう。
中古トラックの専門店がトラックを高く買い取ってくれる理由としては、国内に限らず、海外にもトラックを輸出するような売却ルートを持っているからです。

国内だけではやはり買い手はさほど多いものではありません。
ですが、海外では品質の良い日本製のトラックは人気があるため、高く売るルートを保持しているからこそ、中古トラックの専門店では高く買い取ってもらう事が可能なのです。
状態が良ければ良いほど、専門店も高く買い取る取引先を見つけやすいので、相応に高く査定をしてくれます。