1月 17

中古トラックの売却時にかかる費用とは

中古トラックの売却にはどれぐらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。
まずは査定ですが、これはほとんどの業者が無料で行っている為、費用はかからないと認識しておけば良いでしょう。

一部の業者は交通費などの実費を請求するケースもある為、しっかり事前に確認をしておくと良いでしょう。
無料査定の業者の場合は、交通費などは車両の査定額に上乗せされます。無料査定だけを行い、結局売却をしないという決断となってもお金がかかることはありません。

また、書類を取り寄せするのに費用はかかってしまいます。
大抵のものは業者が用意してくれるものの、印鑑登録証明書だけは所有者でないと取り寄せができない為、用意する必要があります。地域によって異なるものの、証明書の発行には200円~400円かかります。

また、業者が用意する書類に関しても手数料としてお金がかかるケースがあります。当然業者によって価格は異なっています。
さほど大きな負担とはならないものの、気になる方は確認をしてみた方が良いでしょう。

注意をしないといけないのが、無料査定と言っておきながら、必ず車両査定額にそれらの手数料が上乗せされている業者の存在です。
手数料として徴収している業者で、総合的にかかる費用と比較することが大事になります。

中古トラックの費用はさほどかからないと認識して問題ありません。面倒な手続きに関しても業者がしっかり行ってくれる為、安心して売却することができます。
どれぐらいかかるのか不安という方もいるとは思いますが、何も心配することがありません。


Posted 2018年1月17日 by author in category 未分類

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*