2月 13

中古トラックの廃車手続きとは

自分が所有する中古トラックを廃車にする時にはいくつか必要な書類があります。
重量によって定義は変わるものの、用意する書類や提出先は普通自動車や大型と全く同じです。
用意する書類は抹消登録申請書であり、各都道府県の陸運局の用紙販売所で購入することができます。

さらに、自動車の解体業者に発行してもらう解体証明書も必要になります。
また、手数料納付書も必要で、これは廃車手続きに必要な手数料を支払う書類のことです。
各都道府県の陸運局で販売されています。

このほかに印鑑証明書、印鑑、ナンバープレート、車検証が必要です。これらの書類を用意することや準備は面倒と思う方も少なくないでしょう。
中古トラックの持ち主が委任状を書き、手続きを代行してくれる業者もあるものの、費用が1万円程かかってしまうのが事実です。
動かないトラックや古いトラックだと、お金を払って処分をするというのは当たり前になっています。

そんな中で中古トラック買取専門の業者に買取をしてもらうと、無料で引き取ってくれる上に、お金までもらうことができる為、ニーズにマッチしている方も少なくないでしょう。
評価の高い中古トラックであれば、間違いなく買取をしてもらうことができます。
面倒な売却に関する手続きも無料で行ってくれる為、まずは無料査定をしてもらうのがおすすめです。

その無料査定でどの程度の価格で買取をしてくれるのかを把握し、さらに買取事態を行ってくれるのかも知ることによって、中古トラックの売却を決断できる要因になるはずです。


Posted 2018年2月13日 by author in category 未分類

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*